看護師

岡林 伴美

2017年入職

奨学金制度を活用し看護師の夢を叶える。

小さい頃から看護師になることを夢見ていたのですが、高校三年生で進路を考えるとき府中市民病院の奨学金制度について知りました。親元を離れて独立したい気持ちもあり、地元である高知県を離れて福山の専門学校に通うことを決意。奨学金制度は本人にとっても、家族にとってもありがたい制度です。奨学金をいただいたことで責任感も生まれたと思います。今は一生懸命働いて、病院に恩返ししたいですね。

忙しくても立ち止まって教えてくれる先輩がいてくれる。

1年目はとにかく覚えることが多すぎて、与えられた課題をこなすだけで精いっぱい。分からないことばかりでしたが、忙しくても立ち止まって話を聞いてくれる先輩がいてくれることが何より心強かったです。先輩たちは、自分の業務をこなしながら私たち新人を見守ってくれました。記録を細かくチェックしてアセスメントの足りない部分を指摘してくれるなど、絶対に放っておかず最後まで面倒を見てくれる信頼感があります。どんなに忙しくて、どんなに疲れていても、面倒くさがらない、顔に出さない、愚痴を言わない。そんな憧れの先輩がいます。早く先輩のような看護師になりたいです。

院内研修が充実しており専門知識をどんどん身につけられる。

また、院内研修が充実しており専門知識をどんどん身につけられるのも魅力。私も心不全や糖尿病など専門分野について学んでいきたいです。