副看護師長

只宗NS

現場で先輩看護師と共に学び、成長できる環境。

副看護部長と地域包括ケア病棟の師長を兼務しています。副看護部長として、看護部の方針決めとそれを実現するためにどのように行動していけば良いのかを、現場の看護師に分かりやすく伝えるのが私の役割です。反対に、現場の意見や想いを受け止め、上司であるプロジェクトマネージャーに伝えるのも重要な役割。目標を達成するために、組織としてどのように動いていくべきか、看護をどのようにマネジメントしていくか、師長として果たすべき役割は何かを常に意識するようにしています。

ここ数年で、府中市民病院の教育環境は大きく変化しました。新型コロナウイルス感染症の影響で集合研修が難しいこともあり、入職後の早い段階で病棟に配属されます。現場で先輩看護師と共に学ぶ、というスタイルをとっており、新たなことを学べる機会が豊富にあります。新人看護師はもちろん、ブランクがある方も安心して学び、働けます。

不安を早期に解消し、私たちがしっかりと支えます。

コロナ禍で臨床実習が十分できていないまま入職される学生さんたちからは、不安の声も多く聞かれますが、先輩看護師と共に学ぶことで、その不安を早い段階で解消できるのではないかと考えています。私たちがしっかりと支えますので、安心してください。

府中市民病院には、新たなことにチャレンジしながら成長していける環境があります。コロナ禍で看護師という仕事への注目度が増していく中で、看護職を目指すことが怖くなってしまった方、さらに強いやりがいを感じた方、いろんな方がいると思います。このような緊急的な事態に立ち向かいながらも、思いやりを忘れることなく、共にがんばっていきましょう。