プロジェクトマネージャー

池庄司NS

府中市民病院はスタッフ一人ひとりを大切にします。

2020年4月に府中市民病院に赴任。看護部長代理と併せて、病院全体を組織横断的にマネジメントする役割を担っています。

こちらに赴任した際、最初に感じたのは「職員が生き生きしていない」ということ。職員が生き生きしていないということは、患者さまへの接遇にも影響します。職員満足度と患者満足度は表裏一体だと考えています。

府中市民病院は、スタッフ一人ひとりを大切にします。教育担当者、現場の師長は、教育について日々学び準備しています。こんな先輩になりたい、この先輩についていきたい、と思ってもらえるような先輩看護師がたくさん活躍しています。 人間関係が良くなければ良い医療・看護を提供することはできませんし、現場を知らずして管理はできません。私は日頃、自分から声かけをすることを心がけています。コミュニケーションを取ることで、みなさんの困り事をひろいあげ、より良い医療・看護を提供することで、地域で愛される病院にしていきたいと考えています。

地域で愛され、必要とされる病院であるために。

関東や九州の病院に勤務した経験もありますが、府中市民病院には地方ならではの良さがあります。地域の患者さん一人ひとりがこの病院を必要とされているのを実感しています。

「受診してよかった、入院してよかった」と思ってもらうため、生き生きと働く良い人材が育つように、心を尽くしていきたいと思っています。トップの姿勢で、府中市民病院の看護は今後もまだまだ良くなっていきます。いろんな出会いや「やりがい」がある看護師の仕事は、本当にいいものですよ!