看護師

田中NS

どんなに些細なことでも丁寧に教えてくれる先輩たち。

2020年4月に入職。持病のある姉が入退院を繰り返していて、お見舞いに行った時に出会った看護師さんの対応を見て、私も看護師になりたいと思いました。地域に密着した病院であることから、府中市民病院を選びました。最初は覚えることも多いし、学生時代の実習と実際の現場は全然違って戸惑いましたが、先輩たちがどんなに些細なことでも一つずつ丁寧に教えてくださるので心強いです。分からないことはその都度聞けるような雰囲気です。また、理学療法士、薬剤師、栄養士など他職種との連携がとても取りやすいのもありがたいです。

日々学び、認定看護師の資格取得を目指したい。

看護師は患者さんの一番近くにいられる存在。様子がいつもと違うなど、変化に気付くことが、病気の早期発見につながることもあり、やりがいを感じています。最初は動けなかった患者さんが、リハビリを通してどんどん動けるようになる姿を近くで見られるのもうれしいですね。日々学ぶことがたくさんあって、まだまだ足りないと感じることも多いですが、いつか認定看護師の資格をとりたいと考えています。看護師は人の命に関わる重要な仕事。今後、後輩ができて教える立場になった時、的確なことが教えられるようにしっかりと学んで知識と技術を身につけたいです。