奨学金貸与制度について

地方独立行政法人府中市病院機構では、看護師を目指し当法人に就職を希望する学生の方へ、在学中に必要な費用の一部を奨学金として貸与し、将来の夢を実現させるための支援を行っています。 目指す資格を取得したあと、法人が運営する病院に就職し、奨学金を受けた期間と同一の期間勤務した場合、貸与を受けた全額が返還免除されます。

対象者 保健師、助産師又は看護師(以下「看護師等」という。)を養成する学校又は養成所において修学し、卒業後直ちに法人の運営する病院に看護師として勤務する意思のある方 
貸与額 月額40,000円以内(年額480,000円以内)
貸与期間 学校等が定める正規の修学期間の範囲内で貸与を行います。
返還の免除 貸与された奨学金は返還義務がありますが、法人の運営する病院に奨学金の貸与を受けた期間と同一期間勤務した場合、その全額が返還免除されます。
奨学金貸与決定の取消し

奨学金を貸与された者が次の項目に該当した場合、貸与決定を取り消します。

1)退学したとき

2)正規の修学期間中に死亡したとき

3)心身の故障のため、引き続き修学する見込みがなくなったとき

4)学業成績が著しく不良になったと認められるとき

5)奨学金の貸与を受けることを辞退したとき

奨学金の返還

奨学金を貸与された者が次の項目に該当した場合、奨学金の返還を求めます。

1)奨学金貸与決定の取り消されたとき

2)学校等を卒業後、1年以内に看護師等の国家試験に合格しなかったとき

3)学校等を卒業後、1年以内に看護師等の国家試験に合格したにもかかわらず、法人に就職しなかったとき

認定看護師の資格取得を支援いたします

看護体制強化と看護の質の向上、高水準の看護技術と知識を持った看護職員の育成を目指して

概要

法人が必要と認める分野の認定看護師資格を取得するための養成研修を受講する場合、費用の一部を法人が負担します。

対象者  法人に5年以上勤務し、理事長が承認した45歳以下の者
助成

認定看護師養成機関に対して負担する費用(入学金・授業料・実習費)について、75万円を上限に法人が負担します。

処遇 研修期間中の給・賞与は100%支給されます。
滞在費 1日1,000円の支給があります。
期間 研修期間は100%在職期間として算入されます。
その他

認定審査試験は出張とし、旅費が支給されます。

認定審査料・更新審査料も法人が負担します。

責務

費用の負担を受けて、養成研修を受講した職員は、次の責務を負います。

1)受講終了から直近2回までの認定審査で合格すること。
2)認定審査合格年度の翌年度から5年間以上、法人職員として勤務すること。
3)認定看護師の資格を取得した職員は、法人内部において研修会等を開催し、技術の指導に務めなければならない。

(1)資格不認定の場合、滞在費、交通費、認定審査に要した費用について返還が発生します。

(2)資格取得後5年以内に自己都合退職する場合、助成を受けた全費用について返還が発生します。

(3)詳細は「地方独立行政法人府中市病院機構認定看護師養成に関する費用の負担及び返還に関する要綱」による。