主任

松浦NS

教え教えられることで深いつながりが持てるチーム。

府中市民病院では、一年間を通して継続した教育支援を実施。新人看護師には教育担当実地指導者がマンツーマンで指導を行います。屋根瓦式教育体制といい、少しずつ重なり合うことで強度が増す屋根瓦のように、教え教えられることで深いつながりが持てるチーム体制を整えています。現在は新型コロナウイルス感染症の影響で、従来行ってきた集合研修ができないため、入職後は早期から病棟へ配属。実際に業務を担当しながら、先輩の指導を受けることで実践的な知識や技術の習得が可能になります。また、看護技術全般の再確認をするためにチェックリストやステップアップシートがあり、一人ひとりの成長に合わせて丁寧に指導をするように心がけています。

「共に育てよう」という想いを病棟全体で共有。

新人看護師は自ら意見や想いを発言できないことが多いと思いますが、少しでも緊張を和らげるように、私たち先輩スタッフから声をかけて、コミュニケーションをしっかり取るよう心がけています。

病棟全体で新人看護師を気にかけ、「共に育てよう」という想いを共有。業務に追われるとピリピリした雰囲気になることも多い現場ですが、声をかけやすい環境づくりをしています。

そして、ゆくゆくは様々な変化に対して、誰かの指示を待つのではなく、自ら考え行動できる自立した人材となってもらいたいと考えています。前に踏み出す力、考え抜く力、チームで働く力をしっかりと身につけて、一日でも早く「看護が楽しい」「看護師になってよかったな」と思えるように、私たちも指導、サポートしていきます。

当院の理念である、患者さんの立場で考え人生に寄り添う看護ができるよう、温かい看護を共に実践していきましょう!