看護師

笠原NS

患者さまだけでなくご家族にも寄り添える看護師になりたい。

幼少期のときに肺炎で入院し、両親のいない病棟で心細かったのですが、看護師さんが頻繁に声をかけてくださり、とても嬉しかったことを覚えています。また、高校生のときに父が病気になり、看護師さんが私たち家族に丁寧に説明をし、寄り添ってくださったことが印象的でした。その時、患者さんだけでなくその家族に寄り添える看護師に私もなりたいと思いました。就職先をどこにするか悩んでいるとき、府中市民病院で働いている高校時代の先輩が「働きやすい良い病院だよ」と紹介してくれました。インターンシップに参加すると、先輩がみなさん優しかったので、安心し就職を決めました。質問をすると教えてくださるだけでなく、先輩の方から「これやってみる?」と優しく声をかけてくださることも多くありました。

人と触れ合い、感謝してもらえるすてきな仕事。

人と触れ合うことが好きで、人と触れ合い、感謝してもらえる仕事は他になかなかないと思います。ある患者さんから「あなたがいてくれたから入院生活が苦にならなかったわ」と言ってもらえたのがとてもうれしく、達成感を感じました。病気やケガで辛い思いをされている患者さんが、少しでもやすらげる環境を整えたいと思いました。学生時代の実習では一人の患者さんを受け持つだけでしたが、就職したら一度に数人の患者さんを受け持つので、お一人おひとりと関わる時間が限られている中で、想いを汲み取ることがとても難しいと感じています。同時にいろんなことが起こるので、何を優先すれば良いか迷うことも多くあります。周りから頼ってもらえるような看護師に早くなりたいです。